精神世界

永遠を生きる

永遠の命

『幸せになりたい』

多くの人がそう願っていると思います。

これは自然な感情で、何ら不思議なことではありません。が、その視点はどこまでも”この人生”に限られています。

『今、幸せになりたい』

『幸せな人生を歩んでいきたい』

この思いに疑問を感じる人は少ないのではないかと思います。

ではこの人生での幸せに、望む状態や環境を手に入れることに、一体どれだけの価値があるものなのでしょうか。


望む幸せ

人の望む幸せとはどの様なものでしょう。

それは、自分にとって都合のいい状態ではないでしょうか。

自分が気分よく過ごし、欲しいものを手に入れ、笑顔で楽しく過ごしていける。そんな、経済的にも肉体的にも精神的にも困らない状態を”幸せ”と呼んでいるのではないでしょうか。

経済面で悩んでれば、経済的自由を手に入れることで幸せになれると思い、病気で苦しんでいれば、健康にさえなれば何でもできると思う。

今が自分の望む状態でなければ幸せではないし、この状態に感謝することもできない。

そう感じてはいないでしょうか。

『今』に幸せを感じることはとても大切なことです。ですが、何を持って幸せとするか、命をどう捉えて幸せを求めていくかはとても重要です。

肉体を持って生きている私たちは、肉体が滅んだら終わり…と考えます。それが『死』と言われているものです。

そうして死を迎えた人の周りには、悲しみと涙が溢れます。肉体は焼かれ、この世からその人の存在がなくなってしまったかのような気持ちになります。

そのためこの人生、生きている間が全てだと思い、幸せに生きていきたい、苦労よりいい思いをしたいと願うのです。

幸せを望むこと自体は決して悪いことではありません。経済的にも肉体的にも精神的にも、ある程度のものがなければ生きていくことができないからです。

しかし生命は”肉体が滅んだら終わり”というものではありません。永遠に存在し続けていくものなのです。

これには批判的な意見も多くあります。それはそれで構いませんが、ご先祖様をお迎えするお盆等の行事に違和感を覚えないのは、命自体は死後も生き続けることを理解しているからでしょう。

命は永遠です。私たちは肉体を失った後も”霊的存在”として果てしなく生き続けていきます。その永遠の命から見たら、80年90年という期間は極めて短く、一瞬の出来事のようなものです。

更に肉体がなくなるということは、物質的要素がなくなるために、経済的・肉体的な苦痛は消えてしまいます。残るのは霊的なものだけで、一つの霊として精神・心…霊の世界で生きていくのです。

肉体を持った人間としてこの地上で求める物質的要素の絡んだ幸せというものは、あくまでも地上だけで通用するものであり、魂の求める幸せとは異なるものなのです。

たとえどれだけの大金を手に入れたとしても、肉体がなくなればそれっきりです。どれだけ立派な家に住もうと、高級車に乗ろうと、立派といわれる立場や肩書、名声や人気を手に入れても、それを死後にまで持っていくことはできません。

人は 永遠の命から見たほんのわずかな時間の…肉体が滅んだら幻のように消え、死後の世界では何の役にも立たないものを、必死に追い求めていることがほとんどなのです。


永遠から見て今を生きる

その数十年という短い期間、肉体を持ち地上に生まれてくるのは、肉体を持っているからこそできることがあるからです。

人生の目的は『霊的成長』、そして『カルマの清算』です。

この霊的成長やカルマの清算は、肉体があるからこそ成し遂げやすいものでもあります。短い地上人生が、この先未来永劫続く霊界での生活に大きく影響するのです。地上で生活しているということは、命にとって素晴らしいチャンスなのです。

しかし多くの場合、その本来の目的を忘れ利己主義に走り、この世的な視点でしか命を捉えることができません。

それゆえ命にとっては幸せなことを不幸だと嘆き、成長を遅らせることを喜びだと感じてしまうのです。結果、霊的成長できるチャンスであるはずの地上人生で自らが成長を妨げ、カルマの清算をするのではなく新たなカルマを作ってしまっているのが現実です。

霊的成長・カルマの清算を人生の目的だとして今を見た場合、自分の求めているものが本当の幸せに繋がるものなのか、それとも妨げるものなのかを考えてみてください。

なぜ地上に生まれてきたのか…その意味を知ることで、今何をすべきかがわかってきます。

幸せとは何なのか、苦しむ理由とは何かを命が感じ取っていきます。

『今が幸せでなければ意味がない』

そういう人もいますが、肉体を失った後に待っている長い長い生活のことも考えながら今を生きた方が賢明ではないでしょうか。

霊的成長、そしてカルマの清算は『利他愛』が大原則です。

人間は精神と物質、二つの要素を兼ね揃えているため、完全な利他主義にはなれません。それでも完璧に近づく努力はできます。

今より少しでも成長できるよう、少しでもカルマを解消していけるよう、『永遠の命』から見た努力。利他愛の実践をしていきましょう。


メールマガジンメルマガ『生き方を変える自然の摂理』

自然の摂理・法則を知り、実践していくことで生き方を変えていく。そんなメルマガを毎週土曜日に発行しています。(不定期になることがあります)

登録はこちら