スピリチュアル

ヒーリングとは

ヒーリング

ヒーリングとは、不調和を起こした心と体を癒し回復する・バランスと取り戻すことを言い、ヒーリングを行う者を”ヒーラー”と呼びます。

今、”ヒーリング”という言葉を様々な場面で耳にするようになりました。アロマや音楽もヒーリングの一種ですが、これらはどちらかというとリラックス要素の強い意味合いで使われています。

ここではリラックス要素の強いヒーリングではなく、回復や治癒を目指す”霊的・精神的なエネルギー”を使ったヒーリングについてみていきたいと思います。


人間の身体について

ヒーリングについて話を進める前に、人の身体の構成を簡単に説明します。

人は『精神・霊』と『霊体・肉体』によって成り立っています。精神と物質…この二つが重なり合う世界で生きている私たち自身、”霊・霊体”という霊的なものと”肉体”という物質的なもの、異なる性質を兼ね揃えている存在なのです。

人間の身体には元々自然治癒力や免疫力などが備わっており、病気や怪我をしたとしても自らの力で回復していくことができます。しかし実際はどうでしょう。不規則な生活・不摂生などで心と体のバランスを崩している人が多いのが現状です。

今はとても便利な時代です。しかしその反面、自然の流れに反し体を酷使し、霊的・肉体的エネルギーが枯渇してしまっている人が大勢います。

ヒーリングは、その崩れたバランスを正常化していきます。


2種類のヒーリング

ヒーリングは何をエネルギーとするか、そしてどのようにヒーリングを行うのかなどで、いくつもの種類に分けられます。今回は大きく分けて『サイキックヒーリング』と『スピリットヒーリング』の2種類についてみていきましょう。

1.サイキックヒーリング

サイキックヒーリングとは、ヒーラー自身のサイキックエネルギー(肉体エネルギーを含む生体エネルギー)を用いて行うヒーリングになります。

ヒーラーは患者に対し、自身のサイキックエネルギーを治癒エネルギーとして与えます。そのエネルギーは患者の身体の中に取り込まれ、肉体・霊体のエネルギーを高めていきます。

サイキックヒーリングを受けると、それまで枯渇してた生体エネルギーが補充され活性化するため、身体の劇的な変化を体験する患者も少なくありません。

これまで不調だったものが劇的に回復する。

患者にとってそれはとても素晴らしいことです。しかしサイキックヒーリングは、枯渇したエネルギーを補充し活性化させるもの。要は一時的な癒しなのです。

そのため時間の経過とともにエネルギーが枯渇していけば、身体の不調を繰り返すことになります。

サイキックヒーリングを受けると同時に、自らも心と体を整えることが大切です。

ちなみに、現在行われているヒーリングのほとんどが、この”サイキックヒーリング”になります。

2.スピリットヒーリング

スピリットヒーリングは、極めて特殊なヒーリングになります。

通常ヒーリングは、ヒーラーが主体となって行われますが、スピリットヒーリングは、その主となるのが人間ではなく『霊』になります。

霊界にはヒーリングに携わる『スピリットドクター(霊医)』と呼ばれる霊たちが存在しています。そのスピリットドクターたちが集まりグループを作り、スピリットエネルギー(霊エネルギー)を用いて行うのが『スピリットヒーリング』です。

サイキックヒーリングではヒーラーの生体エネルギーを用いるのに対し、スピリットヒーリングでは霊医たちのスピリットエネルギーを用いる。ここにはとても大きな違いがあり、同じヒーリングでも別の治療法になります。

スピリットヒーリングにおいてヒーラーはあくまで患者と霊医のパイプ役であり、霊医たちがヒーラーの体を媒体として患者に合った治療エネルギーを患者の身体へと送り込みます。

サイキックエネルギーは患者の霊体・肉体に取り込まれますが、スピリットエネルギーは『霊』の部分にまで届きます。『霊』の部分とは、私たちの一番神聖で重要な部分と言ってもいいでしょう。そこまでエネルギーが届き活性化するため、必然的に他の部分も満たされていき、それが結果となって現れてきます。

ただしスピリットヒーリングは、体の不調を起こすことによって得られる学び、カルマの解消ができていなければ、サイキックヒーリング同様、一時的な癒しとしての効果しか得られません。

なぜなら私たち人間の生きる目的は『霊的成長』だからです。当然のことながら、霊医たちはそれを知っています。

本来、体の不調によって魂を成長させ、カルマを解消していけるはずのものを霊医が治してしまえば、人としての目的を果たせなくなります。そのような霊的成長の妨げになるようなことは決してなされないのです。


ヒーリング効果とヒーラーの能力

一般的に、ヒーリング効果の高いヒーラーが能力の高いヒーラーだと思われがちですが、実際はそうではなく、先に述べたように患者自身のカルマの状態によって結果が異なるので、その効果の現れ方の違いは患者自身にあるのです。

どれだけ優れた能力を持っているヒーラーであっても、患者がカルマを解消していなければ、それ以上踏み入ることはできません。

ヒーリングを受けるには、病気を治したい・身体の不調を何とかしたいなどの理由があるはずです。それゆえ『身体の苦痛とその解放』だけに目を向けてしまうのも理解できます。

しかしヒーリングの本来の目的は、心を癒し人々を霊的に救うことにあります。人の魂は肉体が滅んだ後も永遠に生き続けます。ヒーリングはその霊魂に深く関係するものであり、決して今だけのものではないのです。

霊的成長やカルマの解消は本人にしかなしえません。常日頃から愛情を持ち、清らかな心で生きることを心がけることが重要なのです。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら