宇宙の法則

引き寄せの法則

引き寄せの法則

『願いは叶う』『自分の思ったことが現実となる』

そんな”引き寄せの法則”というものがあります。

マーフィーの法則やナポレオンヒルの”思考は現実化する”などが有名ですよね。

思ったことが現実になる・夢が叶うということで、この引き寄せの法則を意識的に実践する人は大勢います。

しかし、実際どれだけの人が思いを現実にしているのでしょう。どれだけの人が『夢に近づいている』と実感できているのでしょう。

おそらくほとんどの人はその実感を得られず、諦めているのではないでしょうか。

”法則”というものは、どこでも誰にでも同じように作用するもののことを言います。なので法則に従いそのまま実行すれば、法則通りになっていくものです。

この引き寄せの法則に関して言えば、自分の思っていることを身の周りに引き寄せます。

夢を思い描いている人もいるでしょう。理想の状況をイメージしている人もいるでしょう。

理想を思い描いているにも関わらず、なぜ実感できない人が大半を占めているのか。

そんな疑問を解消するべく引き寄せの法則を正しく理解し、これからの人生に役立てていってください。

このページを読み終わるころには、思いが現実にならない理由がお分かりになると思います。


引き寄せの法則とは

引き寄せの法則とは、先にも書いたように

  • 願いは叶う
  • 自分の思った通りのことが現実となる
  • 自分の思っていることを引き寄せる

という法則になります。

いかがでしょう、取り組むには簡単な法則だと思いませんか?敷居もとても低く感じると思います。

道具も何もいらない、必要なのは自分の心だけなのですから。ゆえに気軽に挑戦することができます。

この世はとてもシンプルです。シンプルをシンプルのまま受け入れると法則に乗り、自然に背中を押してもらいながら生きていくことができるのです。

しかし、シンプルだからこそ、それを素直に受け入れることが難しくなります。なぜなら人には”顕在意識”・”潜在意識”、そして”感情”があるからです。

この”2つの意識”についてザックリと説明すると、顕在意識とは、自らが認識している意識。潜在意識とは無意識の部分になります。

そして引き寄せで使われる『思い・思考』という言葉は、潜在意識を指しています。


間違った引き寄せ

『思考は現実化する』

これを見ると、『意識的に思ったことが現実になる』と感じませんか?

それは正解でもあり不正解でもあります。

ここで使われている『思考』とは、潜在意識のこと。潜在意識は無意識の領域であり、長い年月をかけて作り上げられたものです。

・右足から履いていた靴を『これからは左足から靴を履く』と決めたが、気付けば右足から履いていた。

・不健康な生活を続けていたので、『健康的な生活を送ろう』と決めたにも関わらず、いつの間にか普段通りの生活に戻っていた。

…ということ、ありますよね。

『~しよう』と決めても、気付いた時には身についた習慣に戻っている。

この『~しよう』という意識が顕在意識、そして無意識や何気ない行動・習慣が潜在意識によるものです。

潜在意識は顕在意識と比べ、はるかに大きな力を持っています。私たちの普段の行動や言動・思考は、この潜在意識によるものです。

なので、引き寄せの法則を”顕在意識だけ”で行おうとするなら、潜在意識が現実となり、思うような結果には至りません。

『人付き合いがうまくなりたい』と思うということは、『今の自分は人付き合いが苦手』と潜在意識で思っているから。

『幸せになりたい』と思うということは、 『今の自分は不幸だ』と潜在意識で思っているから。

顕在意識と潜在意識が食い違っているのなら、必ず潜在意識が勝ちます。そしてそれが現実となっていく…。

これを知らずにいると、顕在意識での思いと感情が抑えきれず『思っただけで何でも叶うなら苦労はいらない』と、法則に反発心が生まれ疑うようになるのです。


引き寄せをどう実践していくか

ここで疑問に思うのが、『ではどうしたらいいのか』ということ。

潜在意識は顕在意識よりはるかに強く私たちに影響するので、引き寄せを実践するには潜在意識での思考が重要になる。しかし、潜在意識は無意識の領域であり、それではどうすることもできないのではないか…と。

では、潜在意識はどのように作られてきたのかを考えてみましょう。

幼い頃から『あなたはいい子だ。あなたを愛している。とても頭のいい子だ』と褒められていると、その子は『自分はいい子、愛されている、頭がいい』と思い、そのように育つ傾向が強くなります。

反対に『あなたは悪い子だ。あなたが嫌いだ。バカだ』と言われながら育つと、その子は人も自分も信じられず、否定的になっていきます。

これは、実際に研究され証明されていることです。

そう、潜在意識は”繰り返し受けた刺激”や”強く印象に残ったこと”により、『それが当然』となったものなのです。

引き寄せではこの潜在意識の性質を利用します。

具体的に何をすればいいのかというと…自分の理想をリアルに思い描き、まるでもうそうなっているかのようにその感覚を全身で存分に味わいます。

とてもシンプルですが、『そうなった自分に浸る』この作業はとても大切なものです。

ここで思い描くイメージは、明確であればあるほどいいのです。

『~したい』『~だったらいいな』という曖昧な気持ちではなく、『自分はこうだ』と疑わないことが重要です。

望む状態に意識を集中させ、その感情をしっかりと味わう。

そしてそれに伴う行動を起こしていく。

意識的に無意識へと働きかけることで、引き寄せの法則を体感していけるのです。

雨が降ると憂鬱になるのは、小さい頃から『雨か、嫌だな』などと聞かされていたのかもしれません。

自分よりずっと小さな虫を怖がるのも、小さい頃に親が虫を見て怖がっていたため、『虫は怖いものだ』と心が決めてしまったのかもしれません。

反対に雨が降って喜ぶ人もいます。虫をかわいいと思う人もいます。

自分では『酷く傷つけられた』と思うような出来事を経験しても、全く気にしない人もいます。

過去の記憶や経験に大きな影響を受けているこの二つの意識の性質を応用し、顕在意識から潜在意識へと常日頃から働きかけていくことで、引き寄せの法則に乗ることができるのです。

私はこれを『無意識に意識を向ける』と言っています。


焦りは禁物

私たちは『目に見える変化』や『早い結果』を望みます。

ですが先にも書いたように、潜在意識は長い年月をかけて形作られてきたものであり、それを新しいものに変えていくには、それ相応の時間と努力が必要になります。

それを知らずにいると『こんなに努力をしているのに変わらない』『やっぱりだめじゃないか』と失敗や挫折感を味わい、変わる前に諦める確率が高くなってしまうのです。

潜在意識を変えるのに焦りは禁物です。

今の潜在意識が作られたのと同じだけの時間をかけるつもりで取り組んでみてください。

そのくらいの心のゆとりと、変われることへの確信があれば、引き寄せは確実に作用していきます。


メールマガジンメールマガジン『幸せになる習慣』

幸せな毎日を送るためのメルマガを週4回発行しています。

登録はこちら